公演情報

二つ三つのイーハトーブ物語 第一部「堂々たるデク」

〈 野戦18の秋 〉野戦之月テント芝居公演

・日時/場所
9月29日(土)、30日(日)
隅田公園 山谷堀広場(東京都台東区浅草)

10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)
国立市矢川上公園(国立市富士見台)

ともに17時半開場、18時開演

・料金
前売/予約 3,000円 当日 3,500円 
外国籍者・大学生 2,000円 
中高生 1,500円 小学生以下無料 
山谷堀広場公演はカンパ制(入場料に準ずる) 

私たちのテント場は旅をしています。
まるで難民のように。
昨年秋、私たちのテント場は「クオキイラミの飛礫ーワタシヲスクエ!」を「野戦之月」を主体として井の頭公園で上演しました。
そして今年の1月は「海筆子TENT16-18」(台湾)を主体として「世界是一匹陣痛的獣」を台湾の3都市で上演。
続いて5月には「北京流火テント劇社」を主体として北京市内2カ所にて「小D・返故郷」を上演しました。
6月は東京の明治大学で野戦之月と丸川ゼミを共同主体に4年目4回目の試演会「イーハトーブの鍵」を上演しました。
また7月には済州島カンジョン村において「テントワークチョップ2」が「ムングループ」主体で行われました。
いずれのテント場も、当該地域のテントグループを主体とし、そこへ各地域のメンバーが参加、協働するカタチで成立しています。
今回、野戦之月のこのテント場も同様です。
野戦之月メンバーとその協働者を主体に、海筆子、流火、丸川ゼミ、ムングループのメンバーが参集します。
私たちのテント場は、このような組織性の乏しい集団として、内なる難民の想像力の居場所を求めて、宮沢賢治の残した耳鳴りのような「イーハトーブ」の物語へと向かいます。

<出演>
ばらちづこ 丸川哲史 森 美音子 雲隠始終郎 林 欣怡 みりん リュウセイオー龍 申源 小童 三里敦 吳 亭儀 楊 璨鴻 押切マヲ 矢野玄朗 桜井大造

<工作人員>
作・演出 桜井大造
音楽   野戦の月楽団 原田依幸
舞台監督 おおやまさくに
照明   2PAC
音響   羅 皓名
舞台美術 李彦 中山幸雄
舞台道具 野戦之月舞台部 Doyoung Park ドンソク 風間竜次 森 温
衣装   野戦之月衣装部 楊 禮榕
宣伝美術 小童 みりん
翻訳通信 含氷
制作   野戦之月制作部 今泉隆子 押切珠喜
後見   伊井嗣晴 崔 真碩 武内理恵 山口めぐみ 根岸良一 新井輝久 

共同製作 
海筆子TENT16-18(台湾) 
北京流火テント劇社

協力団体 
山谷労働者福祉会館活動委員会 
明治大学大学院丸川ゼミ 
済州島カンジョン「ムングループ」
「山谷」制作上映委員会 
独火星 広島アビエルト プーロ舎

(チケット取り扱い)
模索舎 03-3352-3557

(予約・問合せ)
携帯 090-8048-4548
E-mail yasen2011@ezweb.ne.jp

Webサイト
http://www.yasennotsuki.wix.com/yasennotsuki